手汗の不安は専用クリームを使って対策

手汗が多いと日常生活では結構気を遣うことが多く出てきてしまいます。

 

学生時代までは気になったときにとりあえず拭いておけばそれでたいていは済んだんですけどね。社会人になって仕事をするようになってからは手汗に気を遣う機会はかなり増えました。

 

お仕事上のおつきあいでは、特に握手するときは注意しなければならない。大変だったのは大きなプロジェクトの重要なプレゼンで。クライアントも大勢いる中、かつてないほどのプレシャーと緊張で手汗がとても多い中で乗り切ったときです。

手汗,クリーム

 

最後のクライアントとの挨拶時に握手を求められ、べちゃべちゃになっていた手を、スーツで気づかれないように拭くのに大変な思いをしたことを覚えています。

 

こんな感じで仕事と直接関係ない部分でヒヤヒヤしていたら集中できませんから、前もって準備は必要だと思うようになったのです。そうすれば余計な事に気を取られることもなくなりますからね。

 

最近は手汗用のデオドラントクリームってありますから、そういったものを選んだほうが安心です。

 

トイレに行った後や食事前など、1日のうちに手を洗う機会って何度もありますし、塗り直しが必要になることが結構多いです。

 

その分消費する量も多くなるってことを考慮している専用クリームを使ったほうが経済的ですし、かゆみや肌荒れなどの心配が要らない成分を使ったものでないと途中で使えなくなってしまう可能性がありますからね。

 

ですので塗った後の肌のコンディションについてもちゃんと考えられているものを選んでおいた方がいいですよ。

おすすめクリーム

手汗クリームおすすめ1位:コルクル
コルクル 開発期間にじゅうぶんな時間をかけて使用感にもちゃんとこだわってるなと感じたのがこのコルクルです。サラサラになるまでの時間も短めとなっているので塗り直しもしやすいですし。

 

1000回以上のモニターテストを経てこの内容量に決定しているので、塗り直しが多く早くなくるのが心配な方でもじゅうぶんな量の作りとなっていますからね。男性でもちゃんと保つような設定になってるので女性ならもうちょっとコスパもよくなるはずです (^_^)v

 

購入後20日間までの返金保証期間が付きで最初の1本で効果を確かめたあとに継続するかどうかを決められますし、悩んでいる人はこれで試してみるのがいいかと思います。

 

実際に使ってみて納得してから決められるのでこれなら安心ですからね。

 

価格 内容量 評価
5980円(※定期購入:3980円) 30g 手汗,クリーム

 

手汗クリームおすすめ2位:テサラン
テサランも大手通販サイトでも取り扱いがあって好評の手汗用クリームですよね。

 

このクリームは抗菌効果実験で72時間の持続が実証されているので、足にも塗りたいっていう方なら併用するにしても使い勝手がいいと思います。

 

チューブ容器の本体も長さが11センチと持ち運びもしやすいんですが、他の部位との併用となるとその分すぐなくなるのがやや惜しい気がします。でもまとめ買いするとかなりお買い得になりますから、2回目以降の分をストックしておくには安く購入できていいですね。

 

そういうときにはテサランの公式通販サイトを利用するのがおすすめです。

 

価格 容量 評価
6017円 25g 手汗,クリーム

 

手汗クリームおすすめ3位:サラフェプラス

サラフェプラスは顔汗用の制汗ジェルクリームですが顔に塗るついでに手汗ケアに使うこともできます。

 

顔の肌を想定して開発されているため、肌への安全性や汗を抑える持続力もしっかりしたものとなっているので、外出先での塗り直し用としても重宝するはずです。

 

旅行の時もメイク直し用と手汗用で別々に2本持って行くとなるとポーチもかさばりますけど、これなら1本だけで済むので便利です。

 

価格 容量 評価
8480円(※定期購入:初回2980円/2回目以降5480円) 30g 手汗,クリーム

 

手汗クリームおすすめ3位:フレナーラ

フレナーラはジェルタイプのクリームでポンプ式の容器に入っています。

 

手のひらや指先にいつも新鮮なジェルを取ることもできるのでチューブタイプと比べて衛生的ですね。

 

ジェルのほうがテクスチャもゆるめだし隅々まで塗りやすいっていう方はこのタイプを選ぶといいかもしれませんね。

 

価格 容量 評価
8500円 23ml 手汗,クリーム

手汗クリームは汗が出ていないときから塗っておくことが大切

手汗,クリーム
手汗クリームは汗が出ていないときから塗っておくことが大切です。

 

汗が出ているときは肌表面だけでなく汗腺や毛穴にも水分があるのでクリームを塗ったとしても十分な効果が得られにくくなる可能性が高くなります。

 

これらのクリームは有効成分で肌表面にコーティングをすることで汗を抑えるのが目的となっているものがほとんどです。

 

やはり塗るなら汗がひいてて肌がさらっとした落ち着いた状態のうちに塗っておくようにするのがおすすめです。

手汗クリームの使い方のコツやポイント

手汗,クリーム
手汗クリームの使い方のコツやポイントととしては、

 

  • 清潔で乾いた状態で塗る
  • 少なすぎないように塗る
  • 必要に応じて塗り直す

 

というところです。

 

まず、手が汚れや汗で濡れるとクリームの成分の働きをいかしずらくなるので、清潔で乾いた状態のときに塗るようにしましょう。タイミングとしては手を洗って水気をよく拭き取った直後がベストです。

 

クリームをまんべんなく塗っておくことも忘れずにおこなってください。塗りムラがあると汗を抑える働きが弱まることにも繋がります。

 

手汗が出やすいと感じている部分の自覚があるようでしたらその部分は予め二度塗りしておくのもおすすめです。

 

また、手の肌環境はその時々で変わりやすいですから必要に応じてこまめに塗り直すことが必要となります。

 

トイレに行って手を洗った後だけでなく、重いものを持ったりして手のひらや指先に圧がかかったときなどは、クリームの塗布状態にも影響が全くないとはいえません。

 

クリームを塗布した後のサラサラ感が弱まっているかなともし感じたようであれば、そのタイミングでも塗り直しておくようにしておくとより安心だと思います。

 

手汗クリームの選び方について

手汗,クリーム
手汗クリームの選び方についてですが、

 

  • 肌に負担をかけない成分を使っている
  • 制汗目的以外の配合成分が充実している
  • コスト面で負担にならない

 

といったところが抑えておくポイントとなります。

 

制汗目的で使われる成分のなかには肌に刺激となるものも、選ぶ種類によってはありますので、肌に負担のかかりにくい有効成分を使った商品を選ぶようにしましょう。

 

制汗目的以外の成分として保湿成分が充実しているものを選ぶ事で、手荒れ予防にもなります。

 

手汗が気になると手を洗ったり、ウエットティッシュで拭き取ったりと、必要以上に肌の油分が損なわれている生活を長く続けてきているといった方も多いと思います。

 

こうしたストレスを避けるという観点からも保湿成分は意識してチェックしておいた方がいいです。

 

最後にコスト面で負担にならないことも重要です。

 

手に塗って多くの時間を過すことになるはずですので、ストレスなく安心して使っていけるものを慎重に選ぶようにしてください。

 

もっと早くにあったらよかったのに・・・

小学生の頃からあがり症でした。人前で発表するだけで、ドキドキして赤面になり全身に汗が出るほどでした。特に手に汗が出ることが多いので絶対にハンカチは必需品でした。そして手がべとべとしていたので、常に手を洗っていました。

 

友達にも手が汚れてないのに、なんでそんなに手を洗うの?と聞かれるほどでした。しかし、いちいち説明するのも嫌だし、手汗の事を人に知られたくなかったので、隠しつつ適当に誤魔化していました。

 

そして、手汗で特に困ったことがありました。学生時代に初めて好きな人ができた時です。最初は、その好きな人と何人かのグループで遊びに行ったり、食事に行ったりしてたんですが、徐々にお互いの距離が縮まり二人っきりでデートすることになりました。やはり二人っきりで会うとなると嬉しい反面、手汗のことをすごく気にしました。

 

予想通り、会った瞬間から緊張してしまい、全身に汗がじとっ、と特に手汗が多いので気付かれないようハンカチをずっと握っていました。

 

それから数回目のデートの時に、遊園地へ行きました。その時、いよいよ相手が手を繋ごうとする瞬間がありました。私の手は汗でべとべとだったので、結局手を繋ぐことを拒んでしまいました。

 

手が繋げず相手にも嫌な思いをさせてしまいました。そしてそれ以来、疎遠となり恋も終わりました。あの時、好きな人に本当のことを正直に話していれば理解してくれたかもしれません。しかし、今ではもう遅い、苦い思い出です。

 

あの頃からこういうクリームが当たり前に存在してくれていたら、イヤな思いをせずに済んだんですけどね。